Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

足には体中のツボが集中!

中国五千年の歴史のある中国医学では、
足には体の各器官の変化を知らせる神経反射区があり、
ツボを刺激することで特定の器官の働きが良くなると伝えられています。

この反射区が足に集中しているのは、
地球の引力で常に下に引っ張られているからだ、
と考えられています。

足に、適度の刺激を与えると、

血行が良くなり、新鮮な血液が全身をくまなく循環します

 

足が、血液を上半身に送り返す、ポンプの働きをするので
足は第二の心臓とも言われています。

人間に備わった力・・・それは自然治癒力

 

血液は、心臓から押し出され、動脈に乗って全身をくまなく流れ、
毛細血管により細胞をひとつひとつに、酸素と栄養を届けます。

代わりに、細胞から様々な汚れ・老廃物・毒素などを

運び出します

 

血管は、収縮と弛緩を繰り返すことで。

血液を送るために、弾力性に富んだ構造になっています。

 

ただ、ストレスや緊張は、心臓血管を締め付けて、

血管の流れを悪くします。

 

その結果、血液の循環がスムーズにいかなくなるのです。

足及び足の裏をマッサージすることによって、

足先の血液循環が良くなります。

 

そうすることで、副交感神経が促進します。

 

また緊張がほぐれて、深いリラクゼーションを与え

ストレス反応を鎮めるのです。

 

以上のことから、足のセルフマッサージは、

リラックスと同時に、身体の血流にとっても

とてもよい行為なんですね。