Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『すべての健康は足から』

【足は第二の心臓です】

★足が第二の心臓と言われる理由

 

心臓は、全身に血液を送り出す

ポンプの役割を果たしています。

 

 

その点から言えば、

体の末端部分にある筋肉は

心臓へ血液を送り返すためのポンプ役と言えます。


 

ところで、人間の体の中で

心臓から最も離れている場所はどこでしょう?

 

 

そう・・・足ですね!

 

 

心臓から押し出された血液が、足の先端部に到着するには、
頭や手と言った他の末端部分より時間がかかるわけです。

 

その分、圧力も落ちて行きます。

 

 

また、足は心臓より下に位置していますから、

足に流れていった血液が心臓に戻るためには、

より大きな圧力が必要です

 

 

なぜなら、地球の引力に逆らわなければ

いけないからです。

 

これらをまとめて、血液の流れを考えた場合、

心臓に向かう静脈にとって、足というのは、

最も条件の悪い不利な状態にあることになります。

 

 

足が第二の心臓と呼ばれる理由がここにあります

 

心臓から、最も離れているからこそ

足の筋肉は他の末端部分の筋肉以上に

効率よく動くことが要求されるからです。

 

 

血液の循環に際して、

心臓に次ぐ、重要な働きを担う・・・

それが足である、と言えます。

このことから、「足は第二の心臓」と言われるのです。

 

足についてのお話や、健康に役立つ話題なら
下記の私の著書でも説明しています。

興味がありましたら、御覧くださいね。